<   2013年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧
お気に入りスペースの復活
ルビィーがパピーの頃からお気に入りだったのが
リビングの南向きの出窓です。
一年を通して、ここで『ひなたぼっこ』をしていました。
ところが、ここ2年はすっかりやらなくなってしまいました。
というか、やれなくなっていたのです。

以前は、この出窓のカーテンはオーガンジーで、
しかも裾がスカラップ状にカットされているタイプのものでした。
その為、この出窓は一年中ポッカポカ。
それが二年前の震災以降、節電の為に遮熱カーテンに替えたのです。
熱を遮断することに加えて、裾まですっかり覆われてしまった窓。。
ルビィーがひなたぼっこをすることはなくなりました。

昨年から始まったルビィーのお腹の不調。
その原因のひとつに『冷え』があるのではと考えてきましたが、
ひなたぼっこをしなくなったことが一因になっていたのかもしれません。
冬はもちろんのこと、真夏でもハァハァしながら出窓で眠っていました。
それはもしかしたらクーラーで冷えた身体を温めていたのでは?
涼しい場所と暖かな場所を行ったり来たりしながら
自分でコントロールしていたのでは?

そこで試しに、日中はカーテンの裾をめくるようにしたところ…
c0156584_12111565.jpg

毎日、ひなたぼっこをするようになりました。
もちろん、すぐに暑くなって涼しいところへ移動します。
で、暫くするとまた、この場所でお日様にあたります。

このお気に入りスペースはルビィーにとって
身体の調整をする為の大切な場所だったのかもしれません。
[PR]
by ruby_s | 2013-08-30 12:36 | 健康 | Trackback | Comments(8)
水素水生活、始めます。
先週、ルビィーがてんかんの様な発作(?)を起こして一週間。
一人静かな場所でひたすら眠って過ごしていました。
それが昨日は久しぶりに遊ぶ気満々となって
ルビィーらしいテンションが戻ってきた様子です。

ネットでいろいろ調べては思い当たることが出てきたりして
不安になることもありますが、とにかく今、
出来ることをやるしかありません。
というわけで、水素水生活始めます。
先程、注文していた水素水が届きました。
c0156584_12401956.jpg

抗酸化作用のあるサプリメントはいろいろ使っていますが、
そういったものは脳には届かないのだとか。
『唯一水素だけが血液脳関門を通過でき、脳内の悪玉活性酸素を除去する』
とパンフレットに書いてありました。
しかも、抗酸化ビタミン等は体に必要な
善玉活性酸素まで吸収してしまうのに対し、
水素は悪玉活性酸素のみに反応するそうです。

抗酸化、抗アレルギー、抗炎症という、
今のルビィーに必要な効能が揃っている水素水。
果たして効き目やいかに。
抗…いえ、乞うご期待 !!
[PR]
by ruby_s | 2013-08-25 12:58 | 健康 | Trackback | Comments(9)
発作 !?
昨日の午前10時50分、ルビィーが突然倒れました。
来客を駅までお迎えに行く支度をしていたところ、
いつものとおり『置いていかないで〜』とキャンキャン騒いでいました。
私がちょっとリビングから出ていた間にそれは起こりました。
長男に、『ルビィーの様子がおかしい』と呼ばれたのですが
その声が努めて静かに言っているようだったので
逆に『大変なことが起こった』と察しました。
行ってみるとルビィーが倒れていて、意識なく呼吸もしていない様でした。
失禁もしていました。
体も全く動いていなかったので、死んでいるのかと思ったくらいです。
そっと体を撫でていたら10秒ほどで意識は戻ったもののぐったりしたまま。
暫くすると急に呼吸が荒くなり始めて…すぐに病院に連れていきました。

聴診による念入りな診察と血液検査、レントゲン、心電図の結果、
特に目立った問題はなく、一番心配していた心臓の状態も良好でした。
脳病変の可能性についてはMRIを撮らないとわからないこと、
不整脈については異常が出なかったものの完全には否定出来ないこと、
そして真性てんかんの可能性等の説明を受けましたが
今の時点では原因を特定出来ず、要観察ということで帰宅しました。

帰宅後は一人で寝室に籠って眠ってばかり。
そういえば、蛋白漏出性腸症の治療を開始した当初も
同じような行動をしていたっけ。
またルビィーが自己メンテナンスを始めたようです。

『死んでいるのかもしれない』
『このまま死んでしまうのかもしれない』と思ったとき、
一番最初に『心臓弁の腱索が切れたのかも』が頭をよぎりました。
その最悪の状況でなかったことは不幸中の幸いでした。

このまま、何も起こりませんように。。
[PR]
by ruby_s | 2013-08-18 11:56 | 健康 | Trackback | Comments(12)
腹巻き犬
暑さが本格的になった頃から、どうもウン○の状態がビミョー。
一日中クーラーの利いた中にいるのは堪えるのかもしれません。
かといって、クーラーなしではハァハァしてしまって心臓が心配。
だったらせめて、お腹だけでも冷やさないようにしましょ !!

c0156584_17243995.jpg

これ↑↑人間用のネックウォーマーです。
素材はシルク。
暖かくて、でも熱はこもらず、何より肌に優しい♪

ルビイーも嫌がっていないようだし、いいかもネ。
[PR]
by ruby_s | 2013-08-02 17:37 | グッズ | Trackback | Comments(10)
アルブミン値、その後
2月28日に投薬量15mgで始まったステロイド治療。
アルブミン値は過去最低の1.4でした。
僅か二日で2.0に上がり、このまま順調に進むものと期待したのに
投薬開始から三週間後には1.4 と振り出しに戻ってしまいました。
そこから超低脂肪の手作り食に切り替え、順調に数値は上昇、
4月4日からは7.5mgに減薬となりました。
更に4月18日には2.9まで上がり、5mgに減薬することが出来ました。

この時点で私は、この夏中にも薬が切れるのではないかと思ったのですが…
ここからは予想に反して正常範囲ギリギリの低空飛行が始まったのです。
ただ、低空飛行ながらも安定しているということで5月16日には
更に減薬の1日2.5mgとなりました。
そして、そこからじりじりと数値は下がり
7月11日には1.9と、とうとう2.0を割ってしまいました。

ルビィーはとても元気にしています。
どこからどう見ても病気には見えません。
でも、数値が良くないのです。
そろそろ薬の増量か、新たに免疫抑制剤を加えることを検討しなければ
いけない状況に追い込まれてきています。

二週間前の検査では僅かに0.1ポイント回復して2.0。
そして今日の検査でも2.0と横ばいでした。
先生は『非常に悩ましいところです』とおっしゃいました。
結局、ルビィーが元気で良い状態にあることから
あと二週間の様子見となりました。
良かった…良かったのだけれど…
この二週間、何をすれば上昇に転じることが出来るのでしょうか。

まずは、お友達のSさんに教えていただいた酵母を注文しました。
暑くなってからは飲み水を常温のお水にしていましたが、
またぬるま湯に戻しました。
暑い時期はお休みのつもりだった温灸も復活させました。
毎朝、神様にお祈りもしています。
他に何をすれば?
きっと、まだ何かやれることはあるはず。
明日からまたその『何か』を探さなきゃ。
[PR]
by ruby_s | 2013-08-02 00:01 | 健康 | Trackback | Comments(4)

愛犬・キャバリアのルビィーを彩るこだわりのモノや暮らし・・・
by ruby_s
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31