<   2013年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧
久しぶりの正常値
アルブミン値が正常範囲を下回るようになって2年以上…
昨年の夏には一時的に正常値を示したものの、
それ以降は一度も正常値を見ていませんでした。

が ! 今日は、2.2 !!
ギリギリながら正常範囲内でした。
久しく見ていなかった数値です。
ヤッターーーーーーー♪

ただ、ステロイド治療開始すぐに上がった数値が、
投薬量がそのままだったにも関わらず下がってきた前例があるので
残念ながら本日の減薬は見送りとなりました。
あと一週間、同じ投薬量、同じ食事内容での様子見です。
また一週間同じ量のステロイド…と気落ちしないでもありませんが
一週間前の気持ちとは大きく違います。
先生の慎重な治療方針にも納得しているし、
真剣に取り組んでくださっていることに感謝もしています。
あれこれ質問ばかりして面倒くさい飼い主だと思われそうですが、
私は、飼い主だからこそ気づけることを見逃さず、
やってあげられることを精一杯やってあげることで
先生と二人三脚…いえ
ルビィーを入れて…三人四脚三人六脚で頑張ります。
[PR]
by ruby_s | 2013-03-29 09:20 | 健康 | Trackback | Comments(2)
お花見がてら
深大寺に行ってきました。
久しぶりのお出掛けです。
c0156584_2322814.jpg

ここのところルビィーの病気のことばかりで
ご心配をおかけしていますが、
本人(犬)はこんなに元気そうにしています。

飼い主の私が言うのも何ですが…
この子のどこが病気なのか、不思議でなりません。
c0156584_23191883.jpg

『病院の器械が壊れてんじゃないのか?』と
ルビィーパパが言うのも分かる気がします。
それならいいんですけどね。。

来年はもっと晴れ晴れした気持ちでお花見しようね。
[PR]
by ruby_s | 2013-03-23 22:23 | お出掛け | Trackback | Comments(4)
厳しい。。
先週から食物アレルギーを疑って療法食に変えていました。
ウン○の状態も良くなっていたし、体重も増えていたので
今日こそはアルブミン値が上がっているものと思ったのですが…
突きつけられたのは厳しい現実でした。
先週の1.9から今日は1.4と、一気に0.5ポイントも下がりました。
このことから、食物アレルギーの可能性が低くなった分、
難治性のものである可能性が高くなったようです。

ステロイド15mg/日の継続。
とうとうこの量で4週目に突入です。
今週は一度は除外されたリンパ管拡張症を再度疑って
鶏ささみとジャガイモのみという、
極端な低脂肪食にして反応を見ることになりました。

まさか、週を重ねるごとに追いつめられていくとは
全く予想していないことでした。
ここ最近は呼吸が荒くなっていることも心配です。
でも、この一週間は手作り食を食べさせられる…
その一点だけが喜びです。
[PR]
by ruby_s | 2013-03-21 14:57 | 健康 | Trackback | Comments(6)
上がらない…
投薬治療開始2週間、アルブミン値1.9とほぼ横ばい。
下がったわけじゃないからいい…ではないそうです。
投薬量そのままにも関わらず上がってこないのは
ステロイドが功を奏していないということらしいです。
一度は可能性から外された食物アレルギーでしたが、
今度は強く疑っての食事療法で、
治療の再構築をすることになりました。
今日からロイヤルカナンの低分子プロティンに切り替えです。
丸いペレット状のフードを食べるルビィーを見ながら、
『あぁ、ルビィーってワンちゃんだったんだ』と思いました。
昨日届いた大量のルビィー用食材(お肉)、
早く出番がくるといいけど。。。

それにしても、ステロイドを始めた途端にウン○の状態が
悪くなるってことあるのかしら?
普通は良くなるんですよね?
減薬したりお薬切ったりして緩くなるというのは聞いたことあるけど。
先生も同じことをおっしゃってました。
ルビィーの体の中で何が起こってるのかしら。。
[PR]
by ruby_s | 2013-03-14 15:29 | 健康 | Trackback | Comments(2)
冷えとり作戦その2
前回記事のぬるま湯作戦は継続中です。
ただ、人間と違って熱々で飲めるわけではないので、
この作戦は積極的に体を温めるというものではなく
体を冷やさないためのものです。

作戦その2では、体を温めることに着目しました。
c0156584_18113645.jpg

↑↑びわの葉温灸セットです。
器具や棒灸は人間用のものの様ですが、
びわの葉エキスは一応『動物病院専売品』となっています。
渋〜い感じの器具は、決して好みとは言えないけれど
可愛い缶に入ってきたのでヨシとしましょう。

びわの葉に含まれるアミグダリンという成分により
癌が治るとか、血液が浄化されるとか…
まぁ、いろいろ良さそうなことが書いてあるかと思えば、
相反する意見もあるようで
そのあたりの難しいことは私には分かりません。
ただ、第一の目的は体を温めることです。
本来はびわの葉エキスをたっぷり吹きかけた布を当てて
その上から温灸器で温めるというものなのですが、
ここは慎重にことを進めたいと思い
デトックス効果のあるハーブティを布に吹きかけ、
びわの葉エキスはちょっぴりで試してみました。
初日なので時間もほんの数分だけ。

正直、こんなんで何かが変わるとは思っていませんでした。
でも・・・
ここのところステロイドの副作用で興奮状態が続いていて
あまり眠らなくなっていたルビィーですが
温灸の後、スヤスヤと眠ったんです。

そしてもうひとつ
ステロイド投与して3日目くらいから、飲水量に比して
チッコの量があまりに少なくて心配していました。
それが、今日は夕方に驚くほどたくさんのチッコをしたんです。
これって、まさか温灸の効果 !?
そう思って調べてみたら、ありましたありました。
やはり利尿作用があるそうです。

だからといって明日の検査でいい数値が出るとは思えません。
明日の数値が良くても悪くても、冷えとり作戦とは無関係でしょう。
今日のことだって、たまたまかもしれません。
先日のぬるま湯作戦でも、翌日には軟便に戻っていましたし(涙)

それでも、温灸によって冷えが改善され
利尿作用によってデトックスができ
更に、副交感神経を優位にして自律神経を整えることは
病気の回復にはつながらないとしても、悪くはなさそうです。

あぁ、それにしても…明日の検査のことを考えると
今夜は心配で眠れそうにありません。
[PR]
by ruby_s | 2013-03-13 20:07 | 健康 | Trackback | Comments(13)
冷えとり作戦その1
昨日からルビィーの飲み水をぬるま湯にしています。
c0156584_13585239.jpg

ルビィーの水筒にお湯を入れておいて、
お友達に教えていただいたハーブティ(名付けて膵炎ブレンド)と
その都度混ぜてぬるい状態で飲ませます。
ちょうど今はお薬の副作用で飲水量が多いので、
それを逆手にとる作戦です。
おやつには(本当はおやつ禁止なのですが)、温かいヤギミルクを
あげたり、ご飯には生姜の絞り汁を数滴入れたりして
体の中から温まるように考えました。

まさか、その効果が早速出たわけではないと思いますが、
今日は朝イチのウン○も、午後イチの○ンチも、
ここ最近にはなかった、なかなか良いものが出ました。
因みに昨日は、久しぶりのお散歩をさせた途端に○痢Pになって
しまい焦っていたのに…です。

この程度のことで治るような病気ではないのでしょうけれど、
少なくとも体に悪いことではないので続けてみます。



(注)生姜汁のあげ過ぎは禁物です。
必ず絞り汁のみにしてください。
体を温める効果以外にも、デトックス効果があります。
[PR]
by ruby_s | 2013-03-10 14:33 | 健康 | Trackback | Comments(6)
冷えかも?
今回ルビィーがこういうことになって、『何がいけなかったんだろう』と
自問自答する日々が続いています。
先天性の病気ならともかく、これは自分の管理ミスだと思っています。

これまで、ルビィーの食べるものやサプリメントの質、
食器や身につけるものに至るまで、拘って拘って選んできました。
贅沢をさせたいとか、そういうことではありません。
なるべく快適に、健康に、の一心でした。
どんなに可愛いものでも素敵なものでも、体によろしくないものはNGです。
お薬も然り。。。
薬に頼らなければならなくなる前に手を打つ…そうやってきました。
小さい頃からやや低めであったアルブミンに関しても、
食材やサプリメントによって問題ない程度には回復させてきました。
ところが今回は何をやっても、回復するするどころか下がる一方でした。
きっとルビィーの体の中で、何かが悲鳴を上げたのでしょう。
今はお薬に頼るしかありませんが、どうしてこうなったのかを
理解しない限り、本当の意味で良くなる日は来ません。

ここのところ、過去の血液検査の数値を見比べたり
過去の記憶を辿ってみたりしながら、私なりに考えてみました。

ありました。

多分これです。

冷え

ルビィーはお友達に比べても非常に暑がりです。
夏場のハァハァはそれだけで心臓がどうにかなるんじゃないかと思うほど。
パピーの頃に通っていた病院では、夏場は体温を下げる為に
氷水をあげるのも効果的ですよ…と言われたことがありました。
馬鹿な私は冬以外、昨年の夏までずーっとそれを実践していました。
わりと飲水量の少ないルビィーですが、氷水だとよく飲んでくれることも
長年当たり前のように与え続けてきた理由です。
私自身が極端な暑がりだったことも、
『冷え』に対して無頓着になっていた原因だった様な気がします。
更に、夏のおやつには凍らせた果物や、
時にはアイスクリーム(ワンちゃん用)やかき氷などもあげていました。
そしてここ数年は、突然川遊びが好きになったルビィーを
冷たい川の中で遊ばせることもしばしば。。
そういえば、冬はスノーシューなんかもしてたっけ。
体の中からも外からも、冷えるようなことばかりしていたのです。

冷えが今回の病気の原因になったと断定は出来ません。
でも、飼い主としての私の勘がそう言っています。
もし他に原因があったとしても、冷えが症状の悪化につながったと
考えることは、あながち間違ってはいないのではないかと思うのです。

そこで、今日からルビィーの冷えとり作戦を開始します ! !
[PR]
by ruby_s | 2013-03-08 09:50 | 健康 | Trackback | Comments(5)
落胆
ステロイド投与が始まって一週間。
相変わらず軟便が続いていることが気がかりでしたが、
土曜日の途中経過で数値が大幅に改善されていたので
多分大丈夫…と思っていたのに。

アルブミン値は土曜日の 2.0 から下がって 1.8 という残念な結果でした。
減薬を焦るつもりはありませんが、あと一週間、今の15mg/日を続ける
ことになったのはやはりショックでした。
土曜日には食物アレルギーの可能性は低いと言われていたのに
今日は一転、食物アレルギーを疑っての食事指導が入りました。
どんなに小さな可能性も疑い、除外していくことでしか原因を探れない
今の状況では、それは仕方のないことと頭では分かっているのですが。。
早くも一歩後退した感じがして落胆してしまいました。

ただ、ルビィーの元気は先週末に比べると復活しています。
恐ろしいほど水を飲むことと軟便であること以外は今までどおりです。
食いしん坊なのは、今に始まったことじゃないですしね(笑)

落ち込んでいても始まらないので、今日のところは
土曜日より 0.2 下がったというより
一週間前の 1.4 より 0.4 上がったと捉えて、
気持ちを切り替えていくことにします。
[PR]
by ruby_s | 2013-03-07 21:05 | 健康 | Trackback | Comments(6)
アルブミン値アップ
まずは結論から…
ステロイド投与3日目、アルブミン値が 1.4 から 2.0 に上がりました。

薬の影響なのか、実は一昨日から軟便に逆戻りしてしまいました。
しかも元気がありません。
心配で昨日の夕方、病院に行ってきました。
体重は木曜日から200gも減っていて…
すぐに採血をして検査することになりました。

内心、ステロイドが効いてない(あるいは合ってない)んだと思って
検査結果を待つ間、不安でいっぱいになっていました。
ところが予想に反して検査結果は、投薬3日目とは思えないくらいに
上がっていて、心底ホッとしました。
しかも、木曜日に聞いた『リンパ管拡張症の可能性』についても、
血液中に脂肪が吸収されていたことから可能性はほぼなくなりました。
またルビィーの場合は食物アレルギーの心配もまずないだろうということで
これまでどおりの手作り食でいいでしょうと言われました。
ホッとし過ぎて泣きそうになりました。

蛋白漏出性腸症であることに違いはありませんが、
これで少しケアしやすくなりました。
ステロイドは切り方が難しいと聞いています。
治療を始めたからには決して焦らず、ゆっくり確実に取り組む覚悟です。
リバウンドだけは避けたいので。。
そのあたりのことは担当の先生にお任せするとして、
私はその間、副作用の軽減や消化器官の修復に必要なケアを
してあげようと思います。

皆さんから励ましやアドバイスのメール、書き込み、あるいはお電話を
いただきとても感謝しています。
本当にどうもありがとうございます。
[PR]
by ruby_s | 2013-03-03 18:00 | 健康 | Trackback | Comments(4)
リンパ管拡張症(の可能性)
猶予期間の一週間が経ち、昨日、検査を受けてきました。

便の状態もよくなっていたので、淡い期待を抱いていたのですが…
結果は、更に下がって 1.4。
先生からリンパ管拡張症の可能性を告げられました。
蛋白漏出性腸症の原因のひとつです。

残念ですが、もう迷っている場合ではありません。
ステロイド治療の開始です。

幸い体重が維持出来ていること、便の状態が良いこと、
何より本犬が元気であることから入院治療は免れました。
それだけでもヨシとしなければいけません。

原因を特定する為にはバイオプシーなどが必要になります。
しかしながら、今の数値では検査を受けることすら出来ません。
とりあえず、こんな数値になってもまだ
腹水が溜まっていないことだけが救いです。
[PR]
by ruby_s | 2013-03-01 08:24 | 健康 | Trackback | Comments(4)

愛犬・キャバリアのルビィーを彩るこだわりのモノや暮らし・・・
by ruby_s
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31