更なる難病に。
ステロイドを増量して腸の炎症が治まれば、
アルブミンが上がることはもちろん
貧血も治まるものと思っていましたが…

自己免疫性(免疫介在性)溶血性貧血と
同じく自己免疫性血小板減少症という
非常に厳しい診断がつきました。
この二つを併発するのがエパンス症候群というそうです。

免疫抑制剤が追加されました。
以前、シクロスポリンで効果が見られなかったので
今回はアザチオプリンが処方されました。
これが効かなかったら。。。


低アルブミンなんて、まだまだ甘かった。
つい数週間前まで、とても病気には見えないくらい元気だったのに。
二年、時間を巻き戻すことが出来るなら
私の寿命の二年…いや、二十年を差し出しても構わない。
それでも、結果は変わらないのかな。
[PR]
by ruby_s | 2014-10-17 00:39 | 健康
<< 永眠いたしました。 依然、元気なく。。 >>

愛犬・キャバリアのルビィーを彩るこだわりのモノや暮らし・・・
by ruby_s
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31