依然、元気なく。。
前回の記事以降、よくない状態が続いています。
まず、ステロイドの注射を二日間と、
投薬量は昨年の発症当初と同じ一日15mgになりました。
相変わらず、軟便が続いています。
今までとは違う場所で伏せていることが多くなり、
明らかに様子がおかしいと感じています。

日曜の朝、元気がなかったので受診したところ、
僅かながら腹水が溜まっていたようです。
抜くほどの量ではないということで、そのままにしています。
アルブミンが下がっていることを予想しましたが
なぜか1.4と、やや回復していました。
ここのところ貧血が進んでいて、血小板もどんどん減り始めています。
別の抗生剤と下痢止めがプラスされました。

一旦戻っていた食欲も、昨日からはまた食べ残すようになりました。
普段は、人間がケーキなどの甘いお菓子を食べていると
異常に反応する子なのに、昨日は傍で力なく横たわっているだけでした。
貧血が進んでいるのか、下瞼の内側がかなり白っぽくなっています。
ステロイドの影響なのか、あるいは貧血による酸欠によるものなのか、
時折、呼吸が荒くなります。

昨年の夏頃から思う様にアルブミンが上がらなくなった原因が、
与えている数々のサプリメントであってはいけないからと、
心臓に関する一部のサプリメント以外は休止していましたが
結局アルブミンは上がらず、
その間に、体の栄養状態はバランスを失ってしまったのかもしれません。

もともと貧血傾向の子でしたので、時々はレバーをあげるなどして
いましたが、リンパ管拡張症と分かってからはそれも出来ず、
ここ数ヶ月は鉄分の多いお肉に変えていました。
ただ、鉄分を吸収するのに必要なビタミンB12や葉酸が
不足してしまっていたのだと思います。
長年与えていた核酸のサプリメント…
これにはビタミンB12が豊富に含まれています。
同じく大麦若葉の青汁…
これには葉酸が含まれています。
(今後、大麦若葉よりも葉酸を多く含むケールにするか要検討です)
これらのサプリメントを再開し、逆に心臓の為に与えていた
イチョウ葉エキスは中止することにしました。
血小板が少なくなっているので、
血液サラサラ作用は危険と判断してのことです。

こんなことで今の深刻な貧血状態が良くなるのかはわかりません。
もしかしたら、ただの貧血ではないのかもしれないですし。。。
このことに関しては、昨夜からどうしようもない不安に襲われています。
こんなことを書くと、私がマイナスのことを考えると
ルビィーに伝わってしまうから、良くないことは考えないほうが
いいと言われるかもしれません。
だけど、現実と向き合う覚悟を持った上で希望も捨てず
今出来る精一杯のことをしていくしかないと思っています。
[PR]
by ruby_s | 2014-10-14 11:00 | 健康
<< 更なる難病に。 元気消失 >>

愛犬・キャバリアのルビィーを彩るこだわりのモノや暮らし・・・
by ruby_s
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31