流血騒ぎ
連日の暑さでお散歩が足りていないルビィーを連れて、
某大型ショッピングセンターへお買物に行きました。
このショッピングセンターはすぐ傍にアウトレットモールがありまして…
流血騒ぎはそのアウトレットモールで起きました。

あっ、先に言っておきます。
結果的に大したことはなく、ルビィーは元気です。

暑いにも関わらず、ルビィーは歩きたいモード全開でしたが、
陽の当たっているところは抱っこし、陰になっているところでは
降ろしてあげるということを繰り返していました。
そのうち、ルビィーの周りに血が飛び散っていることに気づきました。
見ると、口から結構な出血をしています。
ベンチで横にして口の中を調べましたが、血の出所はわかりません。
ただ、舌をつたって次々に溢れてくる様な感じでした。
恐らく、ルビィーの『早く降ろして!!』と焦って飛び降りるのと、
私が降ろしてあげるタイミングが微妙にずれてしまったのでしょう。
それでなくても暑くて舌がベロンベロンに出ていた為に、
舌を噛んでしまったのだと思いました。
それにしても、なかなか止まらない出血。。
処置が必要なくらいに怪我をしていてはいけないので、
その某大型ショッピングセンター内の動物病院へ駆け込みました。
でも、診察室へ通されたときには既に10分ほど経っていて、
出血は治まっていました。

先生はルビィーの口の中に指を入れて出血箇所を探していました。
以下、先生との会話です。

Dr.
『口の中はどこも怪我はないです。
ほら、私の指に血なんてついてないでしょ?』


 『あっ、もう止まっていますね。』

Dr.
『どこも怪我してませんよ。口の中を怪我したら、 
   5分や10分では止まりませんから。』


『えっ? じゃ、どこから出血したんですか? 吐血とか…ですか?』
     
 Dr.
『可能性はありますね。』 

この時点で血の気が引くような思いでした。
しかもこの先生、内蔵からの出血かもしれないというのに
聴診器も当ててくれません。


『内蔵からの出血かどうか、調べる方法はないんですか?』

Dr.
『ここで出来ることはないので、具合が悪くなったら
病院へ連れて行くことをお勧めします。』


心の中で 『へっ? ここ病院ですよね?』


まっ、それ以上食い下がっても無駄なので
そのまま掛かり付けの病院に向かうことにしました。
出血の仕方やルビィーの様子から、出血さえ止まれば
病院へ行くほどのことではなかったのですが、
何せ、獣医師から口の中の怪我ではないと断言されたら、
恐ろしくてそのまま帰宅できません。
今抱えている病気のこともありますから、
もしや消化器官のどこかから…と不安が募りました。

掛かり付けの病院では、口の中の見える範囲に傷はないこと、
ただし、舌の裏側や奥のほうは見えない場所なので
恐らくそういうところを噛んだのでしょう…とのことでした。
血の出方やその後の様子から内蔵からのものではないとしながらも、
聴診はもちろんのこと、念入りに腹部、口の中、目、耳、
そして皮膚の状態まで診てくださいました。
同じ獣医師とは思えない対応の違いです。

因みに、その某大型ショッピングセンター内の動物病院は
今月末で閉院になるそうです。

でしょう〜ねぇ。
って感じです。

とまぁ、お騒がせな流血騒ぎだったわけですが、抱っこから降ろすときは
もっともっと慎重にならなければいけないなと思った出来事でした。
皆さんもお気をつけくださいね。
[PR]
by ruby_s | 2014-08-05 18:09 | 健康 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://rubymama.exblog.jp/tb/22451038
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゆきこ姉さん at 2014-08-09 21:20 x
ルビィーちゃんも、ルビィーママさんも、びっくりしましたね。
でも、大ごとにならなくて良かったです。

しっかり対応してくれる掛かりつけの獣医さん、頼もしいですね。
Commented by モモのママン at 2014-08-09 23:55 x
驚きましたね、怖かったですね。
でも大事に至らなくて良かったです。
そして誰でも起こりうるような事ですよね、気をつけなきゃって思いました。
Commented by ruby_s at 2014-08-10 01:21
《ゆき子姉さん》

それが、ルビィーは全く気にしてない様子で、病院まで抱いて行く間も
『降ろして〜』『歩く〜』と言って騒いでいました(笑)

掛かり付けの病院では担当の先生がお休みだったので
初めての先生に診ていただいたのですが、
担当の先生同様、きちんと診察・説明をしてくださいました。
今の病院は、イマドキの洒落た病院…というわけではありませんが
信頼出来る病院だと思います。
Commented by ruby_s at 2014-08-10 01:33
《モモのママン》さん

驚きましたぁ。
ルビィーからあれ程の血が出ているのを見たことがなかったもので。。(汗)
ただ、今思えば、ハァハァした状態だったから、唾液も混じって
余計に出血量が多い様に感じただけだったのかもしれません。

私は結構、ルビィーの扱いは丁寧なほうだと思うのですが、
それでも何かの拍子に…ということはあるんですよね。
今回は大したことがなかったから良かったものの、
取り返しがつかないような怪我をさせてしまったら、悔やんでも悔やみきれません。
もっと気をつけてあげなきゃです。
Commented by れい at 2014-08-10 18:07 x
あら~、ホントにびっくり!
なんでもなくてよかったですねぇ~♪
不安をあおる獣医さん、怖いです~(^^ゞ
Commented by らいゆんママ at 2014-08-10 22:51 x
びっくりしました(°д°)
でも、とりあえず大丈夫そうなので良かった・・・
しっかし、閉院するからやけっぱちなのか
こんなだから閉院なのかわかりませんが
医者とは命を扱うものだという事を
忘れないで欲しいですね
Commented by るび at 2014-08-12 11:01 x
先に大事に至らず大したことなかったと
解っていても、ハラハラ・ドキドキしながら
読み進めました…

あぁ~心臓に悪い(笑)
何事もなくて良かったけど
自分のことのようにビビりました。


ルビィーたん若く見えてもシニアだからね…
自分で降りるタイミングも
ちょっとずつ身体能力とかも落ちてる筈
だからタイミングがずれて
想わぬ怪我をしちゃうことも
これからは充分考慮しないと…ですね

いやぁ~何事もなくて良かった♡
ちょっとずつ色んな変化が出るお年頃
ちょっとずつなのでママさんも一瞬気づかない
ことも出て来るから、大らかでありながら慎重さもね♪

しっかし、無責任な病院だこと!
繁殖目的=儲け主義で動物の命と尊厳を
無視する悪徳ブリーダーと同じ匂いがします
(ノ-"-)ノ‾┻━┻
掛り付けの病院は大事だなって肝に銘じますよね。
Commented by ruby_s at 2014-08-13 11:53
《れい》さん

ありがとうございます。
口からの出血は舌の動きで周囲に飛び散るので、余計に焦ってしまいました。
でも、まさか口の怪我ではないと言われるとは…予想していませんでした。
不安だけ煽って突き放すなんて、ホントやめてほしいです。
少なくとも私の寿命は縮まったと思います(笑)
Commented by ruby_s at 2014-08-13 12:04
《らいゆんママ》さん

もうねぇ〜、その獣医さんが変な断言しなければ、
どうということのない程度の怪我だったんですよ。
こちらとしては、念の為…と思って診ていただいたのですが、
あらぬ方向に誘導されてしまったって感じです。
閉院の理由は知る由もありませんが、少なくともこの先、
診療をお続けにならないことは正解かもしれませんね。
Commented by ruby_s at 2014-08-13 13:26
《るび》さん

ご心配おかけしました。
るびさんの心臓に何かあれば、その病院に文句言ってきますのでお知らせください。
ただし、期限は今月いっぱいです(笑)

ホントねぇ、ルビィーと私のWシニアだから、何かと危なっかしくもなりますね。
特に階段を抱っこして下りるときなんて、万が一にも落っこちたら命取りです。

それにしても…ですよ。
診断する能力がないなら、せめて妙な断言はしないでいただきたいものです。
この先生、抜歯してあるところを見て『歯が抜けたんじゃないですか?』と言ってました。
5年も前に抜歯した歯茎と、たった今、怪我か何かで抜けたものかの区別も出来ないようでした。
私が、『いえ、これは抜歯した跡ですから違います。』と答えても
まだ数回同じことを聞いてきたんですよ。
そんな先生でも、怖いことを言われると素人としては不安になります。
冷静になってから考えたら、そんな先生の言うことなんて
気にしなくて良かったんでしょうけれど。。
今回のことで、信頼出来る今の掛かり付け医への有り難さを再確認しました。
<< ちょこっと減薬 水溶性だけど… >>

愛犬・キャバリアのルビィーを彩るこだわりのモノや暮らし・・・
by ruby_s
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31