免疫抑制剤の開始
先週水曜日の検査結果…
アルブミン値1.9と7月11日から2ヶ月半の横ばい。
この間、ステロイドの量はそのままで、
家でやれることはいろいろ試してきました。
だけど、どうやっても上がりません。

なぜか、ルビィーは驚くほど元気です。
毎日、『遊んで♪』と誘います。
家の中では、筋トレ(ひたすらお座りと立てを繰り返す)や
かくれんぼ、オモチャで目を輝かせて遊びます。
気に入った場所なら、こちらが心配になるくらい歩きます。
食欲も旺盛です。
体重も増え過ぎるくらいに増えました。
なのにどうして…という気持ちです。

今のままでは一生、ステロイドを切るどころか減薬も出来ません。
現在の投薬量は1日に2.5mg。
多いわけではないけれど、一生続けてよい量でもありません。
そこで木曜日から免疫抑制剤のシクロスポリンを開始しました。
一生投薬になった場合でも、ステロイドよりは副作用が少ないそうです。
とはいえ、シクロスポリンの副作用である吐き気はあるらしく、
金曜日の朝はリビングに4カ所も吐いた痕がありました。

長期間の投薬と極端な高蛋白食で心配されるのが腎臓と肝臓ですが、
これらの数値は過去最良と言ってもいいくらいに良い数値でした。
元々悪くはありませんでしたが、より良い数値を見ると
今やっていることは無駄にはなっていないと思えます。
ミルクシスルで何とか正常範囲をキープしていた肝臓の数値が
更に良くなったのは、Sさんに教えてもらった酵母のお陰。
そして高蛋白食でわずかながら正常範囲をオーバーしていたBUNが
21まで下がったのは水素水の効果だと思います。
もちろん、相乗効果もあったでしょう。

肝心のアルブミンは上がりませんが、
全体の状態は悪くないので、まだまだ希望は持っています。
今は日々、極力ストレスを与えないように気を配り
注意深く、少しの変化も見逃さないようにしています。
免疫抑制剤の効果が出てくるのは数週間経った頃からだとか。
どうか、この薬が効いてくれますように。。
[PR]
by ruby_s | 2013-09-30 17:37 | 健康
<< 好転? お気に入りスペースの復活 >>

愛犬・キャバリアのルビィーを彩るこだわりのモノや暮らし・・・
by ruby_s
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31