アルブミン値、その後
2月28日に投薬量15mgで始まったステロイド治療。
アルブミン値は過去最低の1.4でした。
僅か二日で2.0に上がり、このまま順調に進むものと期待したのに
投薬開始から三週間後には1.4 と振り出しに戻ってしまいました。
そこから超低脂肪の手作り食に切り替え、順調に数値は上昇、
4月4日からは7.5mgに減薬となりました。
更に4月18日には2.9まで上がり、5mgに減薬することが出来ました。

この時点で私は、この夏中にも薬が切れるのではないかと思ったのですが…
ここからは予想に反して正常範囲ギリギリの低空飛行が始まったのです。
ただ、低空飛行ながらも安定しているということで5月16日には
更に減薬の1日2.5mgとなりました。
そして、そこからじりじりと数値は下がり
7月11日には1.9と、とうとう2.0を割ってしまいました。

ルビィーはとても元気にしています。
どこからどう見ても病気には見えません。
でも、数値が良くないのです。
そろそろ薬の増量か、新たに免疫抑制剤を加えることを検討しなければ
いけない状況に追い込まれてきています。

二週間前の検査では僅かに0.1ポイント回復して2.0。
そして今日の検査でも2.0と横ばいでした。
先生は『非常に悩ましいところです』とおっしゃいました。
結局、ルビィーが元気で良い状態にあることから
あと二週間の様子見となりました。
良かった…良かったのだけれど…
この二週間、何をすれば上昇に転じることが出来るのでしょうか。

まずは、お友達のSさんに教えていただいた酵母を注文しました。
暑くなってからは飲み水を常温のお水にしていましたが、
またぬるま湯に戻しました。
暑い時期はお休みのつもりだった温灸も復活させました。
毎朝、神様にお祈りもしています。
他に何をすれば?
きっと、まだ何かやれることはあるはず。
明日からまたその『何か』を探さなきゃ。
[PR]
by ruby_s | 2013-08-02 00:01 | 健康 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://rubymama.exblog.jp/tb/20574719
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by しま at 2013-08-02 09:25 x
ルビィーママ!!ホメオパシーとかはどうですか?!
キャバちんが癲癇風の発作を頻繁に起こしていた時、ホメオパシーを飲ませていました。それが効いたかどうかは、これまた不明ですが、いつの間にか発作を起こさなくなっていました。
Commented by ruby_s at 2013-08-02 10:33
《しま》さん

自然療法でお世話になっている宮野先生のところでワクチン接種を受けるときに、
その前後で飲まされているのがホメオパシーだったような気が…。
あと、ルビィーが雷や地震に怯えているときにレスキューレメディーをあげてるんですけど、
レメディーとホメオパシーって違うものなのかしら?
もしも消化器官や心臓に良いものがあるなら使ってみたいです。
ちょっと探してみようっと。
しまさん、情報をありがとう。
Commented by るび at 2013-08-06 21:01 x
そっかぁ…(´。・д・`)
本人はいたって元気でも
数値が悪くなるのは心配ですよね。
なにか特効薬があればよいのだけれど・・・
Commented by ruby_s at 2013-08-08 07:41
《るび》さん

ルビィーの場合、腹水が溜まってもおかしくないくらいの数値に下がったときでも
常に食欲も元気もある子なんです。
体重もどんどん増えてるので、栄養を吸収出来ていないわけではないと思うのですが
肝心のアルブミン値が増えなくて…。
ただ、基本的に健康なんだなぁと思うのは、こんなに投薬治療が長引いていても
肝臓や腎臓の数値が悪くならないことです。
まぁ、病気しておいて健康って言うのも変ですけどね(笑)
<< 腹巻き犬 ルビィーの神棚 >>

愛犬・キャバリアのルビィーを彩るこだわりのモノや暮らし・・・
by ruby_s
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31