ルビィーの神棚
毎年、初詣でいただいてくるルビィーの御札を飾っていた場所に
新しいドアフォンのモニターが取り付けられてしまったので、
お祀りする場所に苦慮していました。
洋風のリビングにも違和感のない、神棚に代わるものはないかと
探し続けていたところ、ようやく見つけました。

c0156584_771874.jpg

アートボックスとでもいうのでしょうか…
箱型の額で、作品を飾っておくことの出来るガラス戸がついたものです。
イーゼルはウェディング用品を取り扱うネットショップで見つけました。
ウエルカムボードを飾ったり、ブックスタンドとして使うもののようです。
まるで誂えたかのようにピッタリサイズ♪

これを南か東に向くように飾らなければいけないということで
西側の出窓に置くことに。
ここなら目の前にテーブルがあるので人が通ることもありません。
だけど、厳密に言うと高さが少し足りない。。。
本当は大人が見上げるくらいの所に置かなければいけないそうなのですが。
う〜ん、ルビィーの背丈からすると充分に高い位置なので許してください。
これからは、すぐ前にあるテーブルの上を常に綺麗にしておかなくちゃ。

毎朝、ルビィーの無事を祈って手を合わせています。
[PR]
by ruby_s | 2013-07-27 08:13 | グッズ | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : http://rubymama.exblog.jp/tb/20552494
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by るび at 2013-07-30 10:47 x

ステキ(。✪‿✪。)キラーン
えぇもん見つけましたね♡♡♡

これでルビィーちゃんの健康と安全は
守られるでしょう♪

Commented by ruby_s at 2013-07-30 17:06
《るび》さん

これ、久々の大ヒットです !!
イーゼルも、まるで最初からセットだったかのようなジャストサイズだし。
しかもね、閉店セールのお値打ち品だったんですよ。
あっ、これは神様に内緒ね(笑)
Commented by 「らい☆ゆん」ママ at 2013-07-30 23:52 x
素敵なアートボックス見つけましたね(^・^)♪
本当に、ピッタリサイズですご~い!!
これなら神様も居心地良くて
見守ってくれそうですね
Commented by musashi at 2013-07-31 19:18 x
初めまして。
札幌に住む主婦です。

愛犬のミニチュアダックス12歳が先日「蛋白漏出性腸症」と言われました。
アルブミンの数値が1,5であることがわかり 一先ずドックフードを「消化器サポート(低脂肪)」に替えひと月様子を見ることにしました。

そんな折 ここにたどり着きました。
ブログをさかのぼって読んでいるところです。
ルビィーちゃん、よかったですね!
読んでいて私も希望が持てそうです。
ご迷惑でなければ アドバイスいただけますか。
蛋白質を含むおやつや 食事に混ぜてあげられる物があれば教えてください。
食事にリンゴ酢を混ぜる・・・と言うのを読みました。
どのようにしたら良いのでしょうか。
ゆで卵の黄身の量や与え方はどうしたら良いのでしょうか。

いきなりこんな書き込みでごめんなさい。
お時間がありましたら 教えて頂けますか。
Commented by ruby_s at 2013-07-31 19:22
《「らい☆ゆん」ママ》さん

お店でこれを見つけたときは、サイズ的に厳しいかもしれないと思ったのですが
こんなにイメージどおりのものはこの先見つからないような気がして、
駄目もとで購入しました。
ピッタリ納めることが出来て良かったです。
神様にも気に入っていただけてればいいのですが。
Commented by ruby_s at 2013-07-31 22:50
《musashi》さん

musashiさん、初めまして。

musashiさんの愛犬ちゃんも蛋白漏出性腸症とのこと、ご心配ですね。
まだまだ治療途中ですが、参考にしていただけることがあれば幸いです。

この病気、なかなか順調に…とはいかないようで、
実はルビィーの数値もまだ安定しているとは言い難い状況です。
明日(火曜日)の検査次第では、治療方針の見直しをしなければいけません。
そういうわけで、どこまでお役に立てるかは分かりませんが、
これまで私なりに調べたり、やってきたことの情報提供でしたら喜んで。。

「蛋白漏出性腸症」と言われたということは、内視鏡や生検による
確定診断はされていらっしゃらないということでしょうか?
ご存知かと思いますが、蛋白が漏出する原因は様々です。
この確定診断がついていないと治療も手探り状態になる為、
遠回りすることになったり、必要のないことをやったりと、結構厄介です。
実はルビィーは確定診断がついていません。

(つづく)
Commented by ruby_s at 2013-07-31 23:18
《musashi》さん

(つづき)

musashiさんの愛犬ちゃんは、既に投薬が始まっていますか?
もしまだのようでしたら、食物アレルギーの検査だけでも
お受けになることをお勧めします。
全身麻酔による内視鏡や生検は、ワンちゃんの年齢を考えるとリスキーですが
アレルギー検査なら血液を採るだけですものね。
ルビィーの場合は先に投薬が始まってしまい、検査出来ませんでした。
そのことは今も悔やんでいるところです。

もうひとつ確認ですが、蛋白漏出性腸症と診断されたということは
肝機能障害や寄生虫、蛋白尿などの除外診断はされているのですよね?

ルビィーは、食物アレルギーを疑って療法食を試しましたが、
改善するどころか悪化してしまいました。
次にリンパ管拡張症を疑って超低脂肪食にしたところ、数値が改善しました。
そのことからリンパ管拡張症の可能性が一番高いということで
鶏肉(ササミか胸肉)とポテトという超低脂肪食を続けてきたのですが、
最近の数値の低下を考えると、それだけだとは思えなくなっています。

(つづく)
Commented by ruby_s at 2013-08-01 00:03
《musashi》さん

(つづき)

しかもルビィーとmusashiさんの愛犬ちゃんでは原因となっている病気が
違うかもしれないので、そこのところをご理解の上、お読みいただければと思います。

まずご質問のリンゴ酢についてですが、
リンゴ酢は胃酸の代わりとして添加しています。
今回の病気を発症する少し前から、それまで平気だった鮫軟骨やジャーキー等のオヤツが
消化できないまま吐くようになっていたことを思い出し、
もしかしたら胃酸不足になっているんじゃないかと考えたわけです。
胃の中での消化が不十分であれば、当然、次の小腸での消化吸収に負担がかかります。
そういうことを漠然と考えていたところ、
本村伸子先生の「胃腸が弱いではすまされない」という本の中に
リンゴ酢や
レモン水(生のレモン汁と水を1:1で割ったもの)のことが書いてあるのを読みました。
量はルビィーの場合(現在の体重7kg)で、
1回の食餌につきレモン水とリンゴ酢を合わせて小さじ半分くらい
入れています。
ただ、酸っぱいのが苦手な子もいるでしょうし、合う合わないもあると思いますので
最初は数滴垂らす程度から始められたほうがいいかもしれませんね。

(つづく)
Commented by ruby_s at 2013-08-01 00:13
《musashi》さん

(つづき)

時々、これらを切らしてしまって入れてないと、
ウン○の状態が途端に未消化っぽくなるので、それなりに有効なのだと感じています。

次に卵黄についてですが、今お世話になっている先生からは
基本的に鶏肉(ササミか胸肉)とポテトあるいは白米しか
あげないようにと指導されているので、今はあげていません。
ただ以前、自然療法の先生から指示されていたときは、ゆで卵の黄身だけを
1日に1/4個分程度、主にお夜食としてあげていました。
オヤツとしては、カッテージチーズを手作りしていました。
牛乳500ccをお鍋で50℃くらいに温め、
レモン汁かお酢(私はリンゴ酢で作っていました)加えて混ぜるだけです。
充分に分離したら、目の細かい網やガーゼなどで水分を取り除きます。
これで50〜60g のチーズが出来ます。
1日のこの半量くらいをオヤツとしてあげていました。
ただ、これも今はお休み中です。
食事制限がかかっているからということもありますが、
体重がどんどん増えてしまっていることもお休みしている理由です。

(つづく)
Commented by ruby_s at 2013-08-01 00:16
《musashi》さん

(つづき)

サプリメントについてもお話させていただければと思いますので、
よろしければ、アドレスを非公開コメントで教えてください。

文字数制限でレスがコマ切れで失礼しました。
一緒に頑張っていきましょうね。

それでは今夜はこのへんで。
書き込み、ありがとうございました。
Commented at 2013-08-01 00:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< アルブミン値、その後 可愛い姪っ子 >>

愛犬・キャバリアのルビィーを彩るこだわりのモノや暮らし・・・
by ruby_s
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31