冷えとり作戦その2
前回記事のぬるま湯作戦は継続中です。
ただ、人間と違って熱々で飲めるわけではないので、
この作戦は積極的に体を温めるというものではなく
体を冷やさないためのものです。

作戦その2では、体を温めることに着目しました。
c0156584_18113645.jpg

↑↑びわの葉温灸セットです。
器具や棒灸は人間用のものの様ですが、
びわの葉エキスは一応『動物病院専売品』となっています。
渋〜い感じの器具は、決して好みとは言えないけれど
可愛い缶に入ってきたのでヨシとしましょう。

びわの葉に含まれるアミグダリンという成分により
癌が治るとか、血液が浄化されるとか…
まぁ、いろいろ良さそうなことが書いてあるかと思えば、
相反する意見もあるようで
そのあたりの難しいことは私には分かりません。
ただ、第一の目的は体を温めることです。
本来はびわの葉エキスをたっぷり吹きかけた布を当てて
その上から温灸器で温めるというものなのですが、
ここは慎重にことを進めたいと思い
デトックス効果のあるハーブティを布に吹きかけ、
びわの葉エキスはちょっぴりで試してみました。
初日なので時間もほんの数分だけ。

正直、こんなんで何かが変わるとは思っていませんでした。
でも・・・
ここのところステロイドの副作用で興奮状態が続いていて
あまり眠らなくなっていたルビィーですが
温灸の後、スヤスヤと眠ったんです。

そしてもうひとつ
ステロイド投与して3日目くらいから、飲水量に比して
チッコの量があまりに少なくて心配していました。
それが、今日は夕方に驚くほどたくさんのチッコをしたんです。
これって、まさか温灸の効果 !?
そう思って調べてみたら、ありましたありました。
やはり利尿作用があるそうです。

だからといって明日の検査でいい数値が出るとは思えません。
明日の数値が良くても悪くても、冷えとり作戦とは無関係でしょう。
今日のことだって、たまたまかもしれません。
先日のぬるま湯作戦でも、翌日には軟便に戻っていましたし(涙)

それでも、温灸によって冷えが改善され
利尿作用によってデトックスができ
更に、副交感神経を優位にして自律神経を整えることは
病気の回復にはつながらないとしても、悪くはなさそうです。

あぁ、それにしても…明日の検査のことを考えると
今夜は心配で眠れそうにありません。
[PR]
by ruby_s | 2013-03-13 20:07 | 健康 | Trackback | Comments(13)
トラックバックURL : http://rubymama.exblog.jp/tb/19655929
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by るび at 2013-03-14 11:04 x
ママさん、また良さそうなもの見つけましたね♪
少しずつでもルビィーたんに効果が出るといいね…

今頃検査してるのかな…
検査結果の数値は、Up-Downを暫く繰り返すので
もし数値が悪くても余り落胆しないでね。
次は驚くほど良い結果になっているかもしれないから…
ルビィーたんの身体に一番合う治療法が見つかれば
数値は安定してくると思います。
Commented by カニ江 at 2013-03-14 13:03 x
何年か前に 枇杷の葉温灸を迷った時期があるのですが やってみる価値ありそうですね!クンの場合 色々あるんで もうあまり考えないようにしようって思っていたのですが ママさんの記事を読んで 気持ちを改め 見直し中なんですよ。きっかけをありがとうございます。
ルビィーちゃんの数値がアップしてますように。 
Commented by ruby_s at 2013-03-14 14:47
《るび》さん

随分古典的なものに飛びついたでしょ?(笑)
これでも一応、迷いに迷った末の導入です。

先程、病院から帰ってきました。
減薬もしていないのに、一週間経って1.9と横ばいでした。
あまりステロイドの効果が出ていないと言われました。
予測はしていましたが、それでも気持ちが下がります。

当のルビィーはというと、温灸効果なのか、今日もよく眠っています。
ルビィーが少しでも快適に過ごせることを
これからも日々探していこうと思います。
Commented by ruby_s at 2013-03-14 14:59
《カニ江》さん

カニ江さんもチェックされていましたか。
私も購入するまでは随分と悩みました。
最悪、効き目がなくても仕方ないけど、逆に悪い影響があったらどうしようって。
ネットの情報はいろいろですしね。
それに、何でもやればいいってもんじゃないし。
効果のあるなしもルビィーが言ってくれるわけじゃないし。
と思っていたら、、、
効果かどうかはともかく、変化は目に見えてあらわれました。
昨夜、寝る前にもちょっとだけやってみたところ、
お腹のチュルチュル〜っていうのが治まりました。
もちろん、気持ちいいくらいのチッコの量です。
そして今日はまだやっていませんが、ぐっすり眠っています。
これ、いいかも〜。
Commented by ルディママ at 2013-03-14 15:32 x
たくさんの努力にルビィーちゃんへの愛が伝わってきます。
私は獣医の知識はなく、あくまで人間の場合は、ですが少し気になることがあるので参考程度に聞いてください。
身体を冷やさないことはとてもいいと思うのですが、利尿がつくということは、状況によっては必ずしもいいとは限らない場合があります。
理由は、一つは軟便になってしまうメカニズムが改善されてない限り、水分の喪失が過剰になってしまう可能性があること。つまり脱水になる可能性があります。
もう一つはせっかく飲んでるお薬が、腎の排出機能が高まることで体内貯留時間が短くなって、効果が軽減してしまう可能性があること。もちろん薬剤によっては影響がない場合もあります。
東洋医学、西洋医学のエキスパートはたくさんいるのですが、東洋医学と西洋医学の相互作用となると、まだ解明していないのが現実です。もちろん相互作用がよく出る場合もあります。
ケースバイケースだと思うので、あくまで参考程度にしていただけたらと思います。
検査結果、今回は残念でしたが必ずよくなると信じています。ルビィーママさんの笑顔が、ルビィーちゃんの特効薬なことは確かですよ!



Commented by ruby_s at 2013-03-14 16:15
《ルディママ》さん

専門的なアドバイス、とてもありがたいです。

ステロイドを始めてから軟便に戻ってしまったことは、
飲水量が驚くほど多くなったのにチッコの量があまりに少ないことと
何か関係があるのかと思ってしまいました。
しかも一晩中、お腹がチュルチュル〜と鳴りっぱなしなのも、
チッコとして水分が出ていけずに腸の中に流れてるのかなぁって。
その一方で、そんな単純な問題じゃないのかもしれないと思ってもみたり。
たしかに、ウン○の中にも水分が含まれていて、更にチッコでも出てというのでは
脱水状態になる危険性もありますね。
それに、ミネラルの喪失も頭に入れておいたほうがいいかもしれませんね。
あと、お薬の効果が軽減してしまう…というのは考えてもみませんでした。
お薬の悪いものだけ出てくれるならいいですが、薬効まで出ていっては困ります。
もっと専門的に勉強しなければ危ないですね。
大して効果がないならともかく、すぐに変化を感じられるくらいのものは
もっと慎重になるべきかもしれないと思いました。

ルディママさんありがとう。
これからも何か気づかれたときには教えてください。
よろしくお願いします。
Commented by ルディママ at 2013-03-14 17:31 x
基本的には経口で水・食べ物を摂取したものの栄養が小腸、水分が大腸で吸収され、そこで吸収された水分が全身に回り、最終的に腎を通り不要なものが尿として排出される流れになります。ので、体内に水分がたまって便に出るという逆の流れは考えにくいかもです。(あくまで人間は、です。犬は違うかもしれません>_<)
ステロイドの副作用で飲水量が増え、軟便になることはあると思います。
上のコメントを読む分には、一回普通量のお小水が出た程度で薬効がなくなるとは思えませんし、ルビィーちゃんが気持ち良さそうならそれはいいことかもしれない気はします(^ ^)
ただ、あんまり眠ってばかりだと脱水を気にした方がいいかも、と頭において置く程度でいいとおもいます。
また、アルブミン値が上がってきても利尿はついてくるので、どっちの作用かわからなかった、なんてうれしいこともあるかもしれません。どちらにせよ、きちんと採血してアルブミン値や脱水の値を定期的にフォローしていれば、気にしすぎる必要はないと思います(^ ^)
Commented by ruby_s at 2013-03-14 22:41
《ルディママ》さん

いろいろ、為になることをありがとうございます。

>ステロイドの副作用で飲水量が増え、軟便になることはあると思います。

↑これ、これ、これが知りたかったんです。
獣医さんに聞いても、ここのところの明確な回答が得られなくて。。
もちろん、だからといってルビィーの軟便の原因がこれだとは言い切れないけど、
こういうこともある…と分かるだけでも、気の持ち様が違ってきます。

脱水を起こしていると眠ってばかりになったりするんですね?
これもよく覚えておきます。脱水状態になるのは怖いですものね。
ところで、出した分だけ飲んでれば大丈夫ってことでもないんですよね?
人間だと、塩分を補給しないと水分が体を素通りするとかって言うし。。
やっぱり、必要以上の利尿はよくないような気がしてきました。
もちろん、出なさ過ぎるのもよくないでしょうし、
その辺りのバランスをよく観察しておくようにします。

Commented by ルディママ at 2013-03-14 23:54 x
人間の薬辞典にはステロイドの副作用自体に、下痢は記載されています。また、体に水分を貯留するように働く薬なので、口渇も有名な副作用です。それにより飲水量が増えれば、必然的に腸で吸収しきれない水分が便に出るので軟便になります。なので、私が思うに薬の効果で病気自体はよくなっていても、副作用で軟便になる可能性はあるんじゃないかと思います。その場合はアルブミン値が改善して薬を減量していけば軟便も治まると思うのですが・・。
もちろん、アルブミンが下がる原因が明確にならないと、安易に決めつけられないことも確かです・・。
Commented by ルディママ at 2013-03-14 23:55 x
脱水やミネラルのバランスが崩れると、元気がなくなったり、ひどくなると意識障害になって眠ってばかりにみえるかもしれません。塩分を全く必要としない犬の生態自体を私は理解できていないので、なんとも言えないのですが・・。
基本的には出た分の水分を補給しなければ脱水になると思います。下痢が続くのに水分を取らないようならすぐに病院にいくほうがよいと思います。ただ、逆に取った水分が全部尿ででるかというと、そうではありません。便から出てれば尿は少なくなりますし、普段より多く飲んでもステロイドが体内に水分を貯留するので、普段より多く尿がでるわけでもありません。もちろん、全く出ないのもすぐ病院にいったほうがいいと思います。
でも温灸やってすぐ寝ちゃったのは気持ちよかったからとしか思えませんが^_^
Commented at 2013-03-15 00:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ruby_s at 2013-03-15 08:53
《ルディママ》さん

ステロイドの副作用に下痢や軟便があると聞いて安心しました。
副作用が出てるのに安心するっておかしな話ですけどね(笑)
そのくらい、ウン○の状態に神経質になっていたんです。
まさしく、固唾をのんで見守っているという感じで、
ユルユルなのが出てくると絶望的な気持ちになっていました。

肝心のアルブミンが上がってくれないことには減薬できないと分かっていますが
多分、ルビィーの体に今の投薬量は多過ぎるんだと思います。
以前、自然療法の先生に言われたことがあります。
小さい頃からお薬を使わずにきて、化学物質や重金属等も極力摂取しない様に
食べるものや身の回りのことに気をつけてきた子なので、
お薬の影響を強く受けやすいから気を付けなさいと。
そういえば、昨年夏に急性膵炎になったとき、
5mg/日のステロイドを三日間だけ使ったことがありましたが、
それ以降暫くは、見事にいいウン○が出るようになっていました。
今はそのときの3倍量の投薬なので、ルビィーにはキツいのかもしれませんね。
そのときとは違う病院だし、違う病気なので仕方がありませんが。
Commented by ruby_s at 2013-03-15 08:54
↑ つづき


脱水に関しては、今回のことに限らず気をつけておくべきことですね。
案外、盲点になっている様な気がします。
ミネラルバランスのこともそうですね。
デトックスをするあまりミネラル不足に陥って元気を喪失することがあるので
必ずミネラル補給をするようにとおっしゃっている獣医さんがいましたが、
排尿量の多いときはこの点に気をつけて、
チッコの色もよく観察しておくことにします。

温灸には副交感神経を優位にする効果があるそうで、
大人しく眠ったのはそのせいかもしれません。
ここのところ、ステロイドの副作用で興奮状態が続き眠らなくなっていました。
消化器官は眠っているときに修復されるらしいので、
今はなるべく眠っていてほしいと思っています。
起きてると、『何かちょうだい』ってうるさいですしね(笑)

鍵コメもありがとうございました。
お言葉に甘えて、メールさせていただきます。
<< 上がらない… 冷えとり作戦その1 >>

愛犬・キャバリアのルビィーを彩るこだわりのモノや暮らし・・・
by ruby_s
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31