落胆
ステロイド投与が始まって一週間。
相変わらず軟便が続いていることが気がかりでしたが、
土曜日の途中経過で数値が大幅に改善されていたので
多分大丈夫…と思っていたのに。

アルブミン値は土曜日の 2.0 から下がって 1.8 という残念な結果でした。
減薬を焦るつもりはありませんが、あと一週間、今の15mg/日を続ける
ことになったのはやはりショックでした。
土曜日には食物アレルギーの可能性は低いと言われていたのに
今日は一転、食物アレルギーを疑っての食事指導が入りました。
どんなに小さな可能性も疑い、除外していくことでしか原因を探れない
今の状況では、それは仕方のないことと頭では分かっているのですが。。
早くも一歩後退した感じがして落胆してしまいました。

ただ、ルビィーの元気は先週末に比べると復活しています。
恐ろしいほど水を飲むことと軟便であること以外は今までどおりです。
食いしん坊なのは、今に始まったことじゃないですしね(笑)

落ち込んでいても始まらないので、今日のところは
土曜日より 0.2 下がったというより
一週間前の 1.4 より 0.4 上がったと捉えて、
気持ちを切り替えていくことにします。
[PR]
by ruby_s | 2013-03-07 21:05 | 健康 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://rubymama.exblog.jp/tb/19623237
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by るび at 2013-03-08 14:33 x
治療を始めると、3歩進んで2歩下がる的な事が始起こります。
でもステロイド治療は余り長い期間続けたくないですよね。

お水を沢山飲むと、それだけ体外への排出がしきれず、
体内に残ってしまう可能性も高く、
肺水腫や胸水にも気を付けないとね…。

この病気の治療は、食事療法抜きでは出来ないと
調べたら書いてありました。
食事も大切な治療法なのですよね。

ママさん、まだ始まったばかりです。
ルビィーたん、元気で食欲もあるので大丈夫!
長丁場になるので、焦らず頑張りましょう。
いつでも応援していますからねv(〃☯‿☯〃)v
Commented by ruby_s at 2013-03-08 15:41
《るび》さん

三歩進んで二歩下がる…確かに、今回も一歩は進めたのですよね。
でも、下がった二歩がなければ、お薬を減らせたのにと思ってしまいます。

お薬の影響でナトリウム濃度が上がることの対応として
おやつにリンゴ(カリウム補給)をあげていたのですが、
食事指導が入り、当面はリンゴもあげないようにと言われてしまいました。
飲水量と排尿量をよく観察しておく必要がありそうですね。

獣医さんとしては、本当は療法食を勧めたいみたいです。
私も、病気が治るのであれば必ずしも手作り食に拘るつもりはないのですが、
病院で勧められる療法食はどうも…。

確かにまだ始まったばかりなのですよね。
ルビィーの一生について回るかもしれない病気だから、
正しい付き合い方をしていかなくっちゃ。
るびさんの応援を力にかえて頑張ります。
どうもありがとう ♪
Commented by るび at 2013-03-08 19:36 x
うちの子たちがお世話になった先生も
療法食を強く勧めます。
でも、どう考えてもドライでパッサパサの
カリカリご飯やネットリした缶詰は、美味しくありません。
味付けも多分まずいんだと思います。

療法食を出すと、無い食欲がさらになくなり
病気を治す前に餓死しちゃうのではと心配に…

私は手作り食派です。
だって手作りのほかほかご飯は
ガツガツ美味しそうに食べてくれるもの。
食いつき方が全然違う。

嬉しそうに美味しそう食べる姿を見ると
やっぱりワンにゃんだって、作りたての新鮮な
ごはんが良いと思ってしまいます。

治療が進むうちに、他の臓器に弊害や副作用が
出る心配も否めないので、本当に気が気ではありません。
少しでも身体に良い、負担の掛らない食材を選び
調理するのは手間だけれど、命を守る為にはいとわない。

大事な大事な宝物のお姫様を
ずっと元気で、長生きさせたい。
すっとすっと一日でも長く一緒に居たいですよね❤
Commented by ポンママ♪ at 2013-03-09 07:35 x
おはようございます。
数値の変動は止む無いもの。。。と頭では解っていても、
やっぱり良ければ嬉しくなり、悪くなれば気持ちがど~んと下がってしまいますね。
私もよく先生に 「一定でなくても仕方がない。変化するものと思って!」と言われますが、
外傷と違って、ほかに確認しようがないので、どうしてもこれによって一喜一憂してしまいます。
ひめも腸の病気の数値だけでなく、甲状腺ホルモンの病気の方も、
検査のたびに一喜一憂してしまうんです。。。。

でも、ママさんの 『土曜日より 0.2 下がったというより
一週間前の 1.4 より 0.4 上がったと捉えて・・・』というお気持ち、
ホントにそうですよね!!
ステロイドは、だいたい2週間をめどに、量の加減をするようです。
先生が肝臓への影響なども確認して下さると思いますので、
まずあと一週間がんばってみて下さいね。
Commented by ruby_s at 2013-03-09 18:55
《るび》さん

療法食の合わない子も結構いらっしゃるみたいです。
やっぱり手作り食は明らかに喜びますよね。
ご飯を運んできたらクルクル回ってますもの。
食べ終わっても、いつまでもお皿をペロペロしたりね。
今はアレルギーの見極め等でいろいろ食べさせてあげられないのは仕方ないですが
この先、また手作り食が解禁になりますようにと祈るばかりです。
ルビィーから食の楽しみを取ったら、あまりにも可哀想ですから。
私も、ルビィーが元気でいられるなら、
どんなに手間がかかっても構わないと思っています。
ルビィーの喜んでくれることが私自身の喜びになることは間違いないですものね。

はい、大切なルビィーを元気に長生きさせることに全力を尽くします。
Commented by ruby_s at 2013-03-09 19:06
《ポンママ》さん

治療は始まったばかりなのに、今からこんなじゃ駄目だなぁと思うのですが、
やはり数値によって私の気持ちも上がったり下がったりしてしまいます。
特に今は全くこの先の予測がつかないので、
不安感から余計に落胆してしまうのかもしれません。

ひめちゃんの様に、他にも気にしなければいけない数値があるのは
どんなにか毎回心配されているだろうとお察しします。

ステロイドの量の加減が2週間をめどにするというのを教えてくださって
ありがとうございます。少し安心しました。

でも、もしも次回上がっていなければ、どれだけ凹むのかしら。。
こんなに怖いこと、ポンママさんは乗り越えていらっしゃったのですね。
私もしっかりしなきゃです。
<< 冷えかも? アルブミン値アップ >>

愛犬・キャバリアのルビィーを彩るこだわりのモノや暮らし・・・
by ruby_s
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30