リンパ管拡張症(の可能性)
猶予期間の一週間が経ち、昨日、検査を受けてきました。

便の状態もよくなっていたので、淡い期待を抱いていたのですが…
結果は、更に下がって 1.4。
先生からリンパ管拡張症の可能性を告げられました。
蛋白漏出性腸症の原因のひとつです。

残念ですが、もう迷っている場合ではありません。
ステロイド治療の開始です。

幸い体重が維持出来ていること、便の状態が良いこと、
何より本犬が元気であることから入院治療は免れました。
それだけでもヨシとしなければいけません。

原因を特定する為にはバイオプシーなどが必要になります。
しかしながら、今の数値では検査を受けることすら出来ません。
とりあえず、こんな数値になってもまだ
腹水が溜まっていないことだけが救いです。
[PR]
by ruby_s | 2013-03-01 08:24 | 健康
<< アルブミン値アップ 蛋白漏出性腸症の疑い >>

愛犬・キャバリアのルビィーを彩るこだわりのモノや暮らし・・・
by ruby_s
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31